働くスタッフの声

育児と両立させながら、続けられる仕事の魅力。

M・Nさん 前職:テレマーケティング

入社前は、電話営業の仕事をしていました。でも、こちら側の都合で、電話をかけるので、どうしても断られたりということも多くて、気持ちが持たずに辞めました。そんな時に、知人の紹介がきっかけで、入社することになりました。決め手は、受電型(インバウンド)の仕事スタイルだったこと。また保険についても興味がありましたから、仕事を通して学べるということもポイントだったと思います。

 保険商品は、とても多岐にわたりますので、商品知識や周辺の情報をつかんでおくことが大切。それが大変なところでもありますけど、きちんとお答えして、お客さまから感謝の言葉が聞けるのは、大きなやりがいにつながります。

 現在、幼稚園に通う子どもがいます。仕事を継続できているのは、働く環境の良さがあげられますね。私たちが所属するSOMPOコミュニケーションズの仕事は、24時間対応なので、シフト制による勤務時間が設定されています。

 私の場合は、子供が幼稚園に行っている時間帯で勤務しています。子供が病気になった時などでも看護休暇がとれたり、有給休暇もとりやすいので大変助かっています。

 この仕事をやっていて思うことは、お客さまからの「ありがとう」の言葉の温かさです。経験を積むにつれてその言葉の重さを実感して、今では『お客さまのことを、もっと理解しよう』という気持ちで対応しています。育児と両立していきながら、できる限りこの仕事を続けていきたいと思っています。

働きやすさが応募動機。選んで正解の職場環境。

H・Mさん 前職:動物病院 看護師

 動物病院の看護師の専門学校を卒業し、都内の個人経営の動物病院に就職しましたが、ハードワークに加えて、職場の雰囲気にもなかなかなじめず、体調も崩し、退職。次の仕事を探すにあたって優先したのは、『職場の雰囲気も含めた働く環境』でした。そんな時に、SOMPOコミュニケーションズで働いていた知人から「ここは同僚含めて、とても雰囲気がいいから、仕事もしやすいよ」と紹介されて、応募したのが入社のきっかけです。

 保険の知識はもちろん、コールセンターなど、電話での仕事は全く未経験でしたから、入社してからしばらくは、仕事が全然覚えられなくて。手がかかる新人でした(笑)。でも、先輩やスーパーバイザー(SV)の方たちに、丁寧にサポートしてもらい、続けていくことができました。働きやすさは、そんな社内の雰囲気にあると思います。

 私自身がそうであったように、未経験で入社する方が多いので、入社してしばらくは苦労することが多いと思います。お客さまとの対応で辛い思いをしたりなど、自分が経験したことでもあるので、新しく入った方たちへの周囲のサポートは丁寧ですね。研修や面談などの制度面だけでなく、落ち込んでいたら、すぐに声かけてくれたりとか。そういう気遣いがお互いにできる雰囲気があるので、長く続けられるんだと思います。入社して1か月間は、保険のことをスクール形式で学びます。制度と環境の両面で育てる雰囲気があるところは、会社の最大の魅力だと思います。

お客さまの「ありがとう」で自分自身の成長を実感。

K・Kさん 前職:学生

 全くの未経験で、保険の知識もない状態で入社しましたので、最初の半年間はとにかくガムシャラに仕事をしていたように思います。お客さまの対応もある程度できるかなと思い始めた時に、ふと仕事を振り返ってみると、全く良い対応ができなくて、「あ、全然できてなかった」って思ったことがあったんですね。一人暮らしなので、仕事が終わって帰ってからも、落ち込んで考えてしまうことが多かったです。
でも、そういう時に、上司やサポートしてくれる社員の方たちがしっかりケアしてくれました。

 お休みしてしまった時に、電話をいただいたり、面談をしていただいたり。そうしたサポートがあったので、続けることができたのだと思います。また、頑張っているところをよく見ていただいているという点も魅力だと思います。スタッフのモチベーションをあげていく工夫や雰囲気作りをしてくれるのは仕事を頑張っていける大きな要因になっています。

 私が所属するコールセンターにかけてくるお客さまは、事故にあって大変な状況の中でお電話してくることが多いのですが、お客さまも大変なのに、対応した私たちに「ありがとう」と感謝のお言葉を言ってくださることって、すごいことだな、と思います。そういうお客さまの心に触れるたびに、「この仕事をしていてよかった」と思うと同時に、「もっと私自身もほかの人に感謝を伝えられるようにしよう」と思うようになりました。お客さまに育てていただいているんだと思います。

 プライベートでも誰かが困っている時に、同じような立場になって考えるようになり、友人を始め、人間関係もより良いものになってきたと実感しています。いろいろなタイプの人がいて、それぞれに気持ちがある。そうしたことを知ることができたのは、仕事を通じて、お客さまや周囲のスタッフの皆さんとのコミュニケーションがあってこそですね。

家事もボランティアも、そして仕事も精一杯に。

S・Yさん 前職:主婦

 私は、フリーランスで働く母と同居しているんですが、少しずつ育児や家のことを母と分担しやすくなってきたことが働くきっかけでした。でも、子どもたちとの時間やボランティアで行っている絵本の読み聞かせなどの時間も、極力減らさずにできないかと思っていました。求人サイトで探しているうちに、自分の都合にあわせられるシフト制で働けるコールセンターの仕事がいいかもと思い、絞り込んでいきました。SOMPOコミュニケーションズを選んだのは、自分も自動車を利用しますので、損害保険という商品を身近に感じられたことが大きかったですね。

 朝、子どもたちを送り出して、掃除や洗濯など家のことから、ボランティアもやってから出社します。でも私の勤務シフトの場合、帰りは深夜になってしまいます。子どもたちも寝ている時間になってしまうので、主婦の時よりも一緒にいる時間は少なくなったと思いますが、子どもたちとの関係は、むしろ濃くなっているように思います。仕事のことについても、「困っている人がいてね。そういう人から電話を受けてアドバイスするんだよ」というように話をすると、「そういうのって大変だね」と、少しずつ分かってくれるようになってきて。理解するのは難しいかもしれませんけど、だいぶ共感するようになってきたように思います。家事と仕事の両方で、大変な時もありますけど、娘たちとの接し方も含めてメリハリがある生活になって、毎日とても充実感があります。

 SOMPOコミュニケーションズには家事や育児との両立をしながら、お仕事をしている方が結構いらっしゃいますので、それも心強い環境です。仕事を続ける上で家族の応援がないと継続するのは難しいですが、私自身も、娘たちから「頑張ってね!」と応援される言葉が大きな励みになっています。